一日保父さん物語(前編)

Pocket

スポンサードリンク

 

 

 

みなさんこんにちはです!

 

前回は吹奏楽の前撮りについて書かせてもらいましたけど、今回は幼稚園・保育園の前撮りについてふれていってみたいと思います。

 

これも同じくうちの会社では、新人カメラマンの登竜門的な修行の場なのです。

 

 

 

 

 

幼稚園等の前撮りにはいくつか種類があります!

 

① 普段の園での生活風景

 

② 発表会に向けての合奏やリズムの練習風景

 

③ 発表会当日の舞台裏の着替えなどスタンバイ風景

 

 

 

②の練習風景だと、本編の発表会と内容がかぶってしまうのであんまり依頼はないのですが、園の主任先生の一存で撮影しなきゃいけなくなることもあります。

 

そんな園では、保育風景は保護者にあまり見られたくないというような理由が見え隠れしちゃいます・・・

 

 

 

 

③のスタンバイ風景は、当日にさらにもう一台カメラとカメラマンが必要なので、日によってはカメラが足りなかったりするので、会社的にはなるべく避けたい撮影ですね。

 

ただでさえ発表会というものは12月に集中してしまうのでカメラを借りても足りないぐらいなんです。

 

カメラレンタル代金もけっこう高いので・・・

 

ですが、長い付き合いで規模の大きい保育園では、園長がどうしても撮ってほしいということで撮影することもあるのですが、これも売上げ次第という一面があります。

 

 

 

 

どの前撮りになるかはそこの園が話し合って決めてくれるんですが、やっぱりオススメなのは①の【普段の園での生活風景】です☆

 

少しでも内容に喜んでいただきたいということで、前撮りはもともとサービスで始めたことであって、平日のお互い都合の良い日を選んで撮影できるのに注文本数に大きく関わってくるので、とても大事だったりします。

 

 

 

 

保育風景の内容としては、まず登園の様子を撮影します。

 

親と手をつないで歩いてくるところや、バスが到着して友達とぞろぞろ挨拶しながら降りてくる様子です。

 

靴をぬいでちゃんと揃えて靴箱に入れているところやお掃除当番をしているところも狙いどころです(笑)

 

 

 

みんなが登園したら、それから園庭で時間まで外遊びをしているところを撮っていきます。

 

 

砂場でママゴトをしている女の子や、ジャングルジムではしゃいでいる男の子、ブランコをこいでいる子や鉄棒とか縄跳びをしている子もいます。

 

カメラにずーっとついてくる子もいたりして、「ねぇ、〇〇ちゃん撮って」とか「今から志村けんのモノマネするから撮って~」とか「今からバッタ捕まえるから見てて~」とか言われたりして、最初は人見知りしていた子もカメラに慣れて集まってきて、身動きがとれなくなる時もけっこう多いです(笑)

 

 

 

 

そして、クラスごとに様々な活動をやってもらいます。

 

 

というのも、どのクラスも絵を描いているところだったりすると見てて面白くないというか飽きてしまうので、事前に打ち合わせして撮影のためにスケジュールを変えてもらったりします。

 

その時の担任の保育士さんが力を入れているものだったり、このことをしている時にはみんな楽しそうだからという理由だったり、今年から英語教室や体育教室を保育に取り入れたのでその様子を保護者の方々に見てもらいたいという園長の希望だったり・・・

 

 

 

 

園の規模にもよりますが、だいたい各クラス約15分くらいで撮りきってしまわないと1日では終わらないので、段取りよく撮っていく技術を養うにはもってこいなのです!

 

一番小さいクラスは、絵本を読み聞かせしているところや、室内のおもちゃで自由に遊んでいるところなんかを撮ることが多いです。

 

しかし、カメラが近づくだけで大声で泣きじゃくる子もいるので注意が必要です。

 

 

 

 

【お散歩】は人気があって、先生方の取り合いになるようです。

 

 

どうしても移動時間がかかるので1クラスしか撮影できないので持ち回りでやってくれている園がほとんどなんですが、力のあるお局様的保育士さんがいつも自分が担任のクラスを撮らせるなんてこともあったりするんですよね・・・

 

なので、新人保育士さんに同情したことなんかもありましたね(笑)

 

 

 

 

 

ということで、続きは次回のお楽しみということで! またね☆

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA