映像カメラマンになるまで・・・③最終話

 

 

とうとう専門学校生になったオイラは運転免許もとって酒も女も覚えて、カラオケ行きまくって楽しい生活を満喫したのであった。

 

 

 

当時はカラオケがめっちゃ流行ってて、暇さえあればCD借りて新曲覚えてBOXに通いまくったさ!

 

毎日のように・・・

 

 

そしてこの頃は車同士でのナンパも流行ってまして、あるルートをぐるぐる回って「開けて、開けてよー」と声をかけて、駐車場で朝まで語りあったり、カラオケやゲーセン行ったりしてました!

 

隣の県までナンパ遠征に走ったりもしてましたね!

 

 

とにかく覚えたてということもあり、意味のないドライブをお気に入りのカセットテープを聴きながら、ただそれだけでも楽しかったなぁ・・・

 

今となっては忘れかけてた想いです!

 

 

 

 

バイトもいっぱいしましたね。

 

うどん屋、回転寿司屋、キャバクラみたいなスナックの裏方・・・・・などなど。

 

 

 

スナックの裏方の仕事では、フルーツをさばいたり、カラオケ入れたり、おとおし作ったりしてました!

 

まだ着慣れていないスーツを着て、深夜2時頃まで働いてましたね!

 

女性スタッフが気の強いのなんのって、女性の裏の顔をさんざん見せられてトラウマになりそうでした。

 

電話が鳴ったら厨房にきて、「えーっ、ありがとう! そうなの? マジ? ・・・ 私、軽がイイな!」みたいな会話を聞きたくもないのに聞かされ、客に付いてる時と帰った後の豹変さにうんざりしましたね!

 

バブル崩壊後とはいえ、夜の街はまだ、男性達のプライドで、潤っていた気がします。

 

 

 

遅くまで働けることもあり、スナック辞めた直後から代行運転のバイトもしましたね!

 

当時は飲酒運転の刑罰がそんなに厳しくない時代でしたが、やっぱ金持ちはいるところにはいるんだな、と感じさせるバイトでした。

 

 

この頃は、代行運転に特別な免許は必要なかったお陰で初心者の自分が働けたのであります。

19時から走らせて深夜3~4時までの労働!

21時くらいまではホント暇で、待機場所で眠りかぶりながらパートナーと語ってました。

 

21時を過ぎてくると活発になり、無線もどんどん入って、ただただ運転、いい時には1回で40キロほど離れたところまでは走らせてくれて、途中でコンビニに寄って、お客さんが缶コーヒーおごってくれたりもしました!

 

しかし、やっぱりお客は全員酔っ払いなので、暴力をいきなり振るってきたりする客もいましたね。

 

帰りはほぼ、ファミレスに行って、同じ代行の仲間と軽く食べて帰るのが当たり前のようになっていました。

 

このバイトのよかったのは、日払いだったんですよ!

 

売り上げからガソリンを満タンに給油して、残りを3分の1にして、本社、パートナー、自分で分けるんです。

暇な平日、忙しい土曜日でもだいたい最低でも6千円くらいがその日に貰えました!

 

 

 

 

そして、バブル崩壊の影響はもちろんの事、就職宣戦にも影響を及ぼしていきました。

 

情報処理系の就職先の求人がほとんどゼロなのです!

 

 

 

資格をいっぱい持っている人も、全然違う職種へと就職先を仕方なく決めていかなければいけない状況だったのです!

 

高校生の頃には、ゲーム制作の仕事に就きたいという夢は、非現実的だといつの間にか思うようになってしまっていました!

 

そして自分も全然コンピューターなどとは関係の無い職場に受かることができ、1ヶ月後に初顔合わせが決まっていました!

 

まぁ、人生なんてそんなもんだろ!ってな具合で友達と遊びほうけていた時、なぜだかコンビニで無料で配布している求人ニュースが目にとまりました!

 

 

普段は見る事さえない求人ニュースをペラペラめくってみると、【システムエンジニア募集】の文字が!

 

しかも、初任給手取り最低25万円~

 

衝撃が走った!

 

 

 

駄目もとで電話してみよう!

 

・・・そしてすぐに面接があり、見事合格採用!

 

 

まさかの展開に唖然!

 

 

あわてて決まっていた職場にお断りのお詫びの電話をして、システムエンジニアとしての職をGETできたのであった。

 

 

 

さっそく働き出した俺ですが、エリート集団の中にたいした覚悟もなく放りこまれ、常にあたふたしていたのを思い出します!

 

しかしこの職場は実際のところ、別の会社に雇われている中での、今で言う派遣社員という体制でした!

 

平日はシステムエンジニアとして働き、日曜・祝日は本社である映像会社を手伝う!という状態にいつの間にかになっていきました。

 

というのもその映像会社は、イベントなどが多く開催される日曜・祝日が猫の手も借りたいほど忙しかったのです。

 

こういう経緯で私は、将来の夢でもなく、好きだった業界でもなく、縁もゆかりもないと思っていた映像カメラマンという職業と、深く関わってゆくことになるのである!

 

 

 

 

それでは続きはまた次回!

映像カメラマンまでの経緯②

 

 

 

前回の続きですが、私は私立の情報処理科のある高校へ入学することになりました。

 

 

塾に通っていたこともあってか、この高校の受験は自分にとって、とても簡単なものでした!

 

なんだか小学生レベルの問題を解かされているような感覚で、苦手な教科ですらスラスラと答えていけました。

 

 

 

しかしながら、もともと勉強が好きな方じゃなかった自分は高校入学とともに勉強をしなくなり、遊び呆けていました。

 

新しくできた友人宅が溜まり場となり、トランプをしたり、対戦ゲームしたり、遅い時間まで遊びまくる日々を送り続けていました!

 

 

この頃流行ったのが、ストリートファイターⅡです。

 

学校の帰り道、6畳の友人部屋に10人くらいが集まり、必死でバトルを繰り広げていました。

 

桃太郎電鉄とか、人生ゲームとか、恋愛話しとかして盛り上がりながらやってました。

 

今思えばとても懐かしいし、今でもよく会う親友達と友情を深めていきました!

 

 

 

 

 

・・・という生活を送っていたせいで、学力のほうはみるみる落ちていき、高校1年の時なんて勉強した記憶がございません(笑)

 

 

そして、高校2年生になったある日に、担任に職員室に呼び出されてしまいました!
えっ? 何? なんで?

 

 

頭は真っ白になりました。

 

・・・何か悪いことしたっけ? んー! あれかな? んーあれかも!

 

走馬灯のようにいろんなことが頭をよぎって、悪い予感しかしませんでした・・・

 

そしてめっちゃドキドキして職員室の一角でしかめっ面で踏ん反り座る担任の元へ・・・

 

 

 

 

 

 

担任「おお、やっと来たか。 お前最近勉強してるか?」

 

・・・

 

俺「い、いや、あんまり・・・」

 

担任は机の中からおもむろにファイルのようなものを取り出した。

 

担任「お前なぁ、高校での成績あんまり良くないけど、これ見てみ!」

 

ん? なんだこれ?

 

担任「お前、高校受験の時、こんなんだったんだよ。 よーく見てみろ!」

 

 

 

担任は急にとびっきりの笑顔になり、話し続けた。

 

 

担任「この高校全受験者の中で、ほらココ! お前は3番だったんだよ! 普通科の生徒より成績良かったんだぞ!

・・・100番以内の人はほとんど県立の進学校に今通ってる連中だ。

すべり止めで受験しただけの人達だ。

わかるよな? 先生達みんなお前に期待してたんだぞ! もうちょっと頑張れよ、やればできるんだから!」

 

 

 

 

えっ、えーーーっ!!!

 

 

そうだったのか! 俺はそれまで、謹慎とかいろいろ考えてしまっていたんだけど、褒めたくて呼んだのかー! なんか騙されたー!

 

確かにテストは簡単だったけど、そこまで成績良かったのか・・・ 我ながらスゲーぜ!

 

 

なかなか受験の順位なんて聞かされたり知ることなんて無いとおもいますが、当時の担任は葉っぱをかけるために明かしたのだと理解しました!

 

 

では、・・・その後の俺が勉強を頑張ったのかというと、そうでもありませんでした。

 

しかし、チョットだけ内心変わったことがありました!

それは、資格をいっぱいとってやる!という最低限の目標はできたのでした!

 

 

相変わらず全体の成績はそんなに上がりませんでしたが、おかげで情報処理系の資格だけは相当数持つことができました。

 

 

 

 

そして、時はながれ・・・

 

 

 

 

中学卒業の時には10万人不足していると騒がれていたのに、この頃バブル崩壊のニュースばかりでした。

 

 

おい、マジかよ?

 

急に大学卒ですら就職困難な波が押し寄せてきて、もうどうしたらいいかわからなくなりました!

 

 

 

 

・・・そして高校卒業も間近となり、三者面談がありました。

 

 

俺は県外の専門学校に進みたかったのですが、三者面談中に担任の前で母親に猛烈に反対され、しぶしぶ地元の専門学校に進学することになりました!

 

というのも、俺は3兄弟の末っ子で、2人の兄貴が遠くに行って働いていたため、1人くらいは傍においておきたかったのでしょう!

 

 

 

 
では続きは次回!!!

映像カメラマンになるまでの経緯①!

こんにちは。

 

私は映像カメラマンという職業をしています。

よく間違われるのがスチールカメラマンですが自分は映像のほうです。

写真撮るのがスチールカメラマンです。

 

職業に就くとき、人には様々な理由があるとおもいます。

小さい頃からの夢だったり、憧れていたり、親の紹介だったり、親の後を継いだり。

しかし、自分はどれにも当てはまりませんでした。

 

自分が中学生の頃、パソコンが少しずつ世の中に普及し始めました。

今ではバブルと呼ばれている時代です。

 

小学生の頃から学習塾へ通っていてそこそこ勉強はできたほうだと思うんですが、テレビゲームが好きでドラクエとかよくやってました。

同じ世代の方ならわかるとおもうんですが、ノートに写してた復活の呪文が間違ってたり、はぐれメタルに逃げられたり、冒険の書が消えて呪われた時の音楽がなってまさかの最初からやり直しとか、ドラクエではいろんな失敗と経験をしました。

ツインビーとかスパルタンXとかもお年玉貯めて買いましたねぇ。

一番好きなのはドラクエ系のRPGでした。

なので、特に将来の夢のなかった自分は、ゲームに関わる仕事がしたいと思うようになりました。

勉強する暇があったらゲームをしたくてたまらないその時の自分はゲーム関係なら楽しみながら働けるのではないかという浅い考えからの子供の発想でした。

その当時のニュースで、現在プログラマーの数が10万人不足しているという声が聞こえてきました。

 

どうやったらゲームの仕事に就けるのかわからない当時の自分は、プログラマーになれればゲーム関係の仕事に役に立つのではないかと考えたわけです。

しかし、そういう時代背景もあり、情報処理科の高校のボーダー偏差値が有名進学校よりもはるかに高くなってしまいました。

中学3年生になった時には、もうプログラマーになることしか考えていなかった自分は、どうしても情報処理科のある学校へ行きたかったのです。

県立の高校を受験して、滑り止めで私立の高校も受験するというのが受験生の定番でありました。

進路指導の時、担任の先生に「滑り止めでも落ちることはあるんだぞ」と発言され、「私立はさすがに受かるでしょ」と心のなかで思っていました。

しかし、受験が近づくにつれだんだん不安になってきました。

 

行きたくもない学科の高校に行くぐらいなら、私立の情報処理科を目指したほうが安全ではないか・・・、と。

 

もともと県立の情報処理科を受験して滑り止めで私立の情報処理科を受けるつもりだったのが、私立の専願という選択をしてしまいました。

 

多少勉強できるつもりだった自分は、市内のテストで受けたい学校の中で現在何番目かわかるというテストがあったわけですが、自分の学力を知るために私立の専願を決めていたにも関わらず、有名進学校を記入しました。

 

 

 

すると結果は・・・

 

その高校希望者の中で10番目でした。

 

 

 

その高校は定数300人位だったので間違いなく合格するレベルだったということがわかりました。

しかし県立の情報処理科だけは、あきらかにその高校よりも偏差値が高いのです。

 

 

進学校を受験して大学を目指してみるという妄想も頭をよぎりました。

しかし、半分以上は私立の情報処理科に進みたいと決意していた自分は、意思を変えずに専願で私立の学校に通うことになりました。

 

 

 

次回へ続く・・・

 

“映像カメラマンになるまでの経緯①!” の続きを読む